作業員と婦人

エアコンの取り外しは業者に依頼するようにしましょう

業者に任せる

空調

滅多にエアコンを取り外すことはありませんが、引っ越しや故障が原因で買い替えをするときには、古いエアコンを取り外す必要があります。そのため、どういった方法で作業を進めていくのか、どういった場合に必要なのか知っておきましょう。例えば、取り外す場合で多いのが新しいエアコンを購入したときや、知人に譲るとき、家の建て替え時やリフォームなどで一時的に取りはずす必要がある時などです。処分をする場合なら、インターネットなどでエアコンの取り外し方法を調べて素人でも行なうことができるるかもしれません。しかし、知人に譲る場合や、一旦取り外して保管したいと思っている場合は専門業者に任せた方が安心です。いくらインターネットで調べても、素人の技術レベルや知識だけでは故障の原因になってしまう可能性もあるからです。まだまだ使う目的がある場合はしっかりと業者に任せるようにしましょう。

エアコンの取り外し方法は、まずは運び出すルートを確認します。一階なら直ぐに玄関から運び出す事ができますが、エアコンが設置されている場所は二階の場合や、入り口が狭く玄関から運び出すことができない場合は窓やベランダから搬出作業を行ないます。そのため、まずはどういった方法で運び出すことができるのか確認する必要があるのです。搬出ルートの確認ができたら次は、冷房運転モードにするか、強制冷房のモードにして冷房ガスを室外機の送り込みます。その後は、エアコンのスイッチを切り配管パイプや連絡電線の接続部分を取り外します。その後は、室外機とエアコンを取り外し運び出すといった方法で取り外し作業を進めていくのです。基本的にはこういった方法で取り外し作業を進めていくことができるでしょう。